主な人材の紹介

 この人材DBには中小企業の知的財産戦略を支援する人材が登録されています。
 支援人材として登録している方の保有資格をみると、弁護士や弁理士、技術士、中小企業診断士、企業OBなどの人材が多いといえます。
 登録人材の主なイメージは以下の通りです。

弁護士

知的財産関連の法律問題に対応できる弁護士が登録されています。企業の事業活動において生じる契約関係、侵害関係、リスクマネージメント等の問題について、適切な対処方法、解決策をアドバイスし、また、法律全般の知識と訴訟実務経験に基づき将来の紛争を予防する内部規定や契約書の作成、営業秘密の管理、職務発明への対応、さらには訴訟展開を見越しての適切な紛争処理をサポートします。

弁理士

弁理士は、産業財産権(特許、実用新案、意匠、商標)に関わる出願等の手続きや権利をめぐる紛争の代理などを行う専門家です。中小企業の知財戦略支援においては、事業戦略を踏まえた権利の出願戦略の支援に強みを発揮するほか、特許調査やマップ作成、社内規定の整備にも貢献することができます。

技術士

技術士は、科学技術の高度な専門応用能力を必要とすることについて、計画・研究・設計・分析・試験・評価、またはこれらに関する指導業務などを行っています。中小企業の知財戦略支援においては、専門的な技術調査や評価を行ったり、研究開発に関する戦略を立てたりする場合に強みを発揮します。

中小企業診断士

中小企業診断士は、中小企業の経営課題に対応するための診断・助言などを行う専門家です。中小企業の知財戦略支援においては、支援先の(知的財産で解決できる)経営課題の洗い出しや、知的財産を活用した経営や事業の計画を策定する場合などに強みを発揮します。

大企業で知的財産部署を経験した人材

大企業の知的財産部門の実務経験のほか、知的財産を経営に活かした事業の拡大、新規事業の立ち上げ等に携わった経験や、社内や関連会社を統括または連携して知財活用を推進した経験のあるOB人材が登録されています。
OB人材は職種や年代も様々で、知的財産のコンサルティングを実践している人材や、企業内で知的財産を管理・活用する能力を示す資格である「知的財産管理技能士」を取得している人材、または、「弁理士」や「弁護士」の資格を活かしながら業務を行っている人材などもいます。
  • HOME
  • 当サイトについて
  • 主な人材の紹介
  • 支援可能な分野で探す
  • 資格・経験で探す
  • 地域で探す
  • 他データベースで探す
  • ご利用に当たって
  • FAQ
  • お問い合わせ
  • 新規登録
  • 人材をお探しの方
  • 知財の支援をする方
  • バナーをご利用下さい
  • 知財人材データベース
ページの先頭に戻る